あんまり言いたくないですが実はクセ毛なんです・・・(涙

あんまり言いたくないんですが、わたしの髪の毛はくせ毛です。
湿気の多い日には髪の毛がうねうねしてきます。
ずっとサラサラな髪質の人をうらやましいと思っていました。
いつも通っている美容室の人はヘアアイロンでサラッとした雰囲気に仕上げてくれていますが、それはプロのなせる業なんだと思っていました。
以前、ヘアアイロンを買ったことがあるんですが、うまく使いこなせず放置していました。
一人で自分の髪にアイロンをあてると、指や耳を火傷してしまいそうで怖かったですし、そもそも髪の毛をうまくはさめないんですよね。
せっかく買ったヘアアイロンが無駄になってしまったことを美容師さんに話すと、やっぱり練習が大切ということを教えてくれました。
その美容師さんも自分でアイロンをあてているそうですが、最初のころはネットでやり方を調べたり、何度も練習していたということでした。
ちょっとできなかったからって諦めるのはやっぱりよくないんだなと思い知らされ、再度チャレンジしてみることにしました。
やっぱり最初のうちはうまくできませんでしたが、それでもあきらめずに毎日続けていると、3日ぐらいたっところに、少し上達していることを実感できました。
何度も同じ個所にアイロンをあてると髪が痛むので、明日またがんばろうと思って続けていると、自分で納得できるぐらいに仕上げれるようになりました。
今までは、「美容師さんだからできるんだ」とか「毎日アイロンをあてるなんてめんどくさい」と言い訳をしていましたが、やっぱり練習することは大事ですよね。
こんな子供にもわかることなのに、気づけなかった自分が恥ずかしい。
でも、練習は大事ということを身にしみて理解できたので結果オーライです。
たぶん人生を大きく左右するほどのことだと思います。
この経験を勉強や仕事にも生かしていくべきですよね。
そして、最近わたしが勉強したいと思っているのがプログラミングです。
プログラミングってものすごくとっつきにくいイメージがあります。
でもやってみないことにはなにも始まりません。
最初のうちはチンプンカンプンでしょう。
でも、あきらめずに続けて何度も練習することが大事ということをヘアアイロンで学んだわたしなら、いつかできるようになるはずです。
とはいうものの、できるだけ効率よく勉強していきたいというのが本音です。
最近では優秀なプログラミングスクールもあるようなので、多少お金はかかったとしてもスクールに通うのもアリだと思います。
たとえばコーチテックというプログラミングスクールは最短2ヶ月でスキルを身に付けることができるそうです。
コーチテック
コーチテックではその人に合ったオーダーメイドカリキュラムを提供してくれて、専属コーチがアドバイスしてくれるとのことです。
練習は大事とわかってはいても、やっぱり挫折のリスクはつきまといます。
そんなとき、コーチテックのように専属コーチがいるスクールならモチベーションを維持できてゴールにたどり着ける確率が高まるはずですよね。
失敗してもあきらめずに続けていき、幸せな生活を手に入れたいものですよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です