真面目なサラリーマンほど馬鹿をみる!?

日本は先進国のなかで労働生産性は最下位です。
要するに仕事にかかる時間が他国に比べ多すぎるというわけですね。
わたしは以前、プログラマとして働いていましたが、ほとんどの仕事は請負でした。
一次請けではなく、二次請け、三次請けが当たり前でした。
当時のわたしはプログラマの仕事をやり始めたばかりだったので、請負でも仕方がないと思っていました。
でも、IT業界では請負で仕事をすることがほとんどのようです。
残業代を払わないブラック企業が多いのもIT業界の特徴の1つです。
いくらITスキルが高くても自分で仕事をとってこれない限り、安くこき使われるしかないんですね。
どんなに働いても、1ヵ月の給料は20万円前後が関の山。
この程度の給料では節約してコツコツ貯金をしたとしても、将来が不安すぎます。
上流の企業は仕事を横流しするだけで大金を手に入れていることを考えるとむなしくなりますよね。
でも、これが日本の現実。
中小企業のサラリーマンという働き方では一生幸せにはなれないでしょう。
一度脱線すると元にもどるのはほぼ不可能。
そのことに気づいた人が増えてきたというのが、日本の労働生産性が低い理由の1つではないでしょうか。
普通に働くのがバカらしくなって、資産運用やユーチューバーなどに転身している人が増えているような気がします。
狭き門ではありますが、たしかにサラリーマンとして一生こき使われるよりもやりがいがありますよね。
幸い、現在の日本ではインターネットが普及していることもあり、昔に比べて稼ぎやすくなっています。
ユーチューバーでもアダルトでも何でもいいので、とりあえず20万円以上のお金を自分一人で稼げるようになれば、サラリーマン人生ともおさらばです。
特にコミュニケーションが苦手なわたしにとってはそういう働き方のほうが合っています。
でもそうなれば、全てにおいて自己責任というリスクを背負うということ。
なので、病気で倒れるわけにはいきません。
サラリーマンのように有給休暇なんてものはないからです。
体調は常に万全にしておく必要があるというわけです。
良い体調を維持することの1つのポイントとして血糖があります。
炭水化物や砂糖の入った食べ物は急激に血糖値を上げ、体にダメージが残ります。
そうならないようにするための賢い方法としてサプリメントを飲むという方法があります。
たとえば、糖素減(とうそげん)というサプリメントは血糖値の急上昇を招かないようにサポートしてくれます。
自然由来なので体にも安心で口コミでの評価も高いというところがポイント。
糖素減 口コミ
ちょっとコストがかかってしまいますが、長期的に見ればコスパのいい健康投資と言えるでしょう。
人前では言えませんが、真面目なサラリーマンほど馬鹿をみるというのが今の日本だと思っています。
幸せな人生を送るために、一刻もはやく一人で稼げるようにならなければ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です